ウエディングドレス★」

今日は雨ですね~(-_-)
今回は、ウエディングドレスの由来。
今のウエディングドレス=白というイメージが定着したのは
19世紀後半で、ビクトリア女王が着たシルクサテン・レースの
白いウエディングドレスと、ベールが正統の花嫁シンボルになったそうです。

当時ヴィクトリア朝では、女王の処女性を理想化する傾向があったため
純真無垢なイメージを象徴する白いドレスが、王室や上流階級の花嫁から
好まれていたそうですよ(^^♪

e0199461_1339222.jpg


それより以前にずーーーーーっとさかのぼると、白いベールに黒いドレスが婚礼衣装と
されていたようです。
最近では、  『旦那様のカラーに染まるように・・・・・』
と白を選ぶと聞きます❤

e0199461_13435465.jpg


ROOMでも、お色直しにも白ドレスを選ぶ新婦様も多くなりました。
違う形のドレスを選ぶのも楽しいですね(^^♪
[PR]

by theroomforbrides | 2015-07-01 13:47 | スタッフ日記

<< お支度風景❤ ウエディングのお小物♡ >>